スプリング効果(SLE)・高反発クラブ規制ルールのまとめ

このblogでは各種様々な説が飛び交う2008/1/1施行のSLEルールを、個人の思惑や推測を極力排除し、JGA(日本ゴルフ協会)の正式見解を元に出来る限り詳細かつ明確な解説を試みました。R&AやJGAにも直接問い合わせを行い纏め上げた内容を以下にご紹介いたします。

ペンデュラム

SLE(高反発)ルール適合の判断

2008/1/17にJGA(日本ゴルフ協会)が各加盟倶楽部に配布した資料に明快な手順が紹介されておりますのでこちらを一部引用させて頂きます。

■ご使用のドライバーがスプリング効果規則に適合かどうか調べる方法
(1) JGA ホームページ(www.jga.or.jp)から「適合ドライバーヘッドリスト」と「不適合ドライバーヘッドリスト(2008 年からスプリング効果規則に不適合)」にそのドライバーを照合してください。※(注記)詳細な検索方法は JGA ホームページ に掲載されています。

(2) 1998年12月31日までに市販されていたドライバーはスプリング効果規則に原則的に適合とみなされます。ただし、不適合ドライバーヘッドリストに掲載されているものは除きます。

(3) 適合・不適合のどちらのリストにも掲載されていないドライバーについてはそのメーカーに連絡を取り、その販売時期や適否を確認してください。

加盟倶楽部 競技委員長宛 JGAリリース(PDF)


先ず(1)についてですが、各メーカーが用具審査に出してR&A/USGAの公器で基準値(ペンデュラムテストでCT257μs以下±18μs)をク リアし、スプリング効果以外の規則(形状、寸法、溝など)にも適合と裁定されれば「適合ドライバーヘッドリスト」に掲載され、基準を満たさなければ「不適合ドライバーヘッドリスト」に掲載されることになります。この2種類のリストをチェックすることでユーザーは自分のドライバーの適否を確認できることになります。

 

次に(2)の特例事項に付いてですが、USGAが初めてSLE(高反発)ルールを実施したのが1998年でありルール実施以前のクラブヘッドについては適用範囲外にすべきということと、当時のフェース素材、工法あるいはヘッド容量などを考慮した場合、高反発のヘッドを作ることは技術的に難しいとの判断があったものと思われます。

 

最後に(3)についてですが、この"適合・不適合のどちらのリストにも掲載されていないドライバー"の存在がSLEルールの理解を困難にしているもう一つの大きな原因になっていると感じています。実は私自身もこの部分について疑問点がいくつかあり直接JGA(日本ゴルフ協会)に問い合わせをし解答を頂きました。以下その要約を紹介いたします。

先ず、

事実問題としてR&A/USGAのスプリング効果の基準値をクリアしているクラブであれば適合と見なされる。

という大前提があります。その単体が実際上SLEルール適合基準値内に納まっているかどうかだけが適合であるか否かの判断基準となります。つまり審査に出していなくてもゴルフ規則に規定されている用具の規定に適うものは適合クラブであり、仮にメーカーが適合だと主張しても事実問題として規則に違反しているものは不適合と見なされます。

 

万が一ご使用中のドライバーが適合リストに掲載されていないからといって必ずしも不適合であるとは限りません。その場合一度メーカーに確認されることをオススメします。(不適合リストに掲載されていれば不適合です)
 

上記の通り、適合クラブには見かけ上 「適合リストに掲載されている適合」 と 「適合リストには掲載されていないが適合」 という2種類の適合が存在します。競技などに参加されないレクレーションとしてゴルフを楽しむ一般ゴルファーはいずれかの適合状態のクラブを使用すれば問題ありません。しかし規模を問わず何らかの競技に参加されるゴルファーは注意が必要です。競技によっては競技を主催する委員会によって「競技の条件」を適用しているケースがあるからです。

 

「競技の条件」とは規則 33-1 に基づいて委員会が制定するその競技での追加的な要件であり制定するかどうかは倶楽部の委員会の任意の決定事項となります。「競技の条件」を採用する競技に参加する場合、プレーヤーが使用するドライバーは最新の「適合ドライバーヘッドリスト」に掲載されているヘッドを持つものに限定されます(1998年12月31日までに市販されていたものは適用除外)。


そのため競技参加前には、まず競技を主催する委員会に「競技の条件」の採用状況と、また採用している場合はご使用中のドライバーが「適合ドライバーヘッドリスト」に掲載されているかを確認することが必要となります。以下JGAリリースを参照し使用ドライバー使用可否判別状況を表にまとめましたので参考にして下さい。

  適合ドライバーリストに掲載されている 不適合ドライバーリストに掲載されている どちらのリストにも掲載されていない
「競技の条件」あり

×

×*

「競技の条件」なし

×

△**

〇:使用可能 / ×:使用不可能
* 1998年12月31日までに市販されていたものは使用できる。
** メーカーに問い合わせするなどしてその販売時期や適否についての情報を集める。不適合であるとの強い証拠がある場合には使用すべきでない。

 

ご自身で、上記手順通り調べてもなお不安を感じられる場合は、ご購入ショップに確認されることをオススメします。万が一不明瞭な回答しかもらえない場合は、直接メーカーに確認してみて下さい。

 

 

以下のJGAサイト内のFAQも参考になると思います。

Q5 私はクラブレベルのゴルファーですが、私のドライバーは適合・不適合のどちらのリストにも掲載されていません。ということは、2008年1月1日以降はこのドライバーを使用できないということなのでしょうか?

A5 そういうことではありません。あなたのドライバーが新しい規則に適合していないという強い証拠がない限りは、あなたは引き続きそのドライバーを使用できます(ただし、質問6を参照)。強い証拠とは下記の事例を含みます。
(i)あなたのドライバーヘッドに、不適合リストに載っている同じメーカーのドライバーにだけ施されているマーキングと同じようなマーキングがある。
(ii)同じモデルのドライバーの別ロフトのヘッドが不適合リストに掲載されている。
(iii)広告などで、そのドライバーは2008年規則に違反するように製造されていると謳っている。 

念のために、そのクラブのメーカーに連絡を取るべきでしょう。

 

Q6 私はクラブレベルで競技に参加しているローハンディキャップゴルファーですが、地区や全国レベルの競技にも参加することを考えています。私のドライバーは適合・不適合のどちらのリストにも掲載されていません。2008年1月1日以降もこのドライバーを使うことができますか?

A6 そのドライバーをクラブ競技で使用することは、質問5の回答で詳述されている基準を満たす限りは認められます。地区や全国レベルの競技会を統括する委員会が競技の条件としてドライビングクラブ(適合ドライバーヘッドリスト)の競技の条件を制定する場合、そのドライバーをそうした競技で使用することは認められません。 この競技の条件では、「プレーヤーの使用するドライバーは適合ドライバーヘッドリストに掲載されていること」を要求しているからです。

JGAサイト内にある、「SLE規則よくある質問」

 


>> 適合ドライバーヘッドリストはこちら
>> 不適合ドライバーヘッドリストはこちら 
 

SLE(高反発)ルールの経緯(年表)

JGA殿発行の「JGA Golf Journal Vol.81(PDF)」に記載されている年表を転載します。

1998年■USGAがCORの規制を発表;USGAは規則として適用
2002年■R&A/USGAが「原則の共同声明」を発表

要旨:用具規則の目的はゴルフの持つ良い伝統(golf's best tradition)を保護し、ゴルファーの技量よりもテクノロジーに過度に頼ることを抑制し、ゴルファーの技量がゲームにおける成功の主要な要素であることを確保することである。

R&AはCORを規制する「競技の条件」を採用することに決定し、2008年からはスプリング効果(SLE)を規制する新規則を制定することを発表
2004年■R&A/USGAでペンデュラムテスト(振り子式簡易測定器)の導入

テスト上限値がキャノンテストによる反発係数(COR)0.830からペンデュラムテストよる特性時間(CT)257μsへ変更
2005年■R&Aの全てのチャンピオンシップで「ドライビングクラブの競技の条件」を採用

■適合ドライバーヘッドリストの発行
2006年■JGAの全ての主催競技で「ドライビングクラブの競技の条件」を採用

■すべてのロフトのすべてのクラブ(パターを除く)のスプリング効果の測定
2008年■スプリング効果新規則の施行(R&A)

■テスト基準値を超えるクラブはゴルフ規則に不適合のクラブとなる

スプリング効果規制の経緯適合ドライバーヘッドリストはJGAホームページ(www.jga.or.jp)をご参照ください。

上記がSLEルールの基本的な流れです。実はこの後、R&A/USGAから各国の製造業者(クラブメーカー)宛に適合テストをより厳格化する旨の通達が送られ、現在はより厳しいSLE適合テストが実施されています。ただしこの件は、クラブを使用するユーザーサイドには実質的にほぼ関係ないことですのでここでは詳しくは述べません。(規則の条文や適合の基準値<CT 257μs>等が変わったわけではありません。テストのやり方が厳しくなりました。)




※補足として個人的に調査した内容を以下にご紹介します。ご参考まで・・


[1998]
もともとUSGAが1998年にキャノンテストを用いて、COR0.830を超えるものは不適合としていたようです。これに違反するクラブはUSGAが管理する不適合リストに掲載されました。後に日本で開発された所謂高反発の類はほぼもれなくこのリストに掲載されています。もちろんそれらは違反クラブです。エリートゴルファーなどの記載は見当たらないので、これはプロ、アマ問わず所謂すべてのゴルファーを対象にしたルールであったと思われます。


[2003]
R&Aも2003/1/1から暫定的にCOR0.830を超えるものを一部競技で違反とするルールを適用することを発表しました。2003年のThe Open(全英オープン)に早速適用され、日本国内では2003日本オープンで初めて適用されました。このときはメジャーなプロの試合やオープン競技のみを対象にしていました。

■R&A
http://www.randa.org/index.cfm?cfid=8812912&cftoken=60335173&action=news.newsDetail&newsid=275&id=(現在リンク切れ)


[2004]

2004年にCORのテストがR&A,USGA両者の話し合いにより、キャノンテストは正確さやテスト簡易性に問題があるとしてペンデュラム方式に切り変わりました。

■USGA
http://www.usga.org/news/2003/february/2003_28.html(現在リンク切れ)
http://www.usga.org/news/2003/november/spring.html(現在リンク切れ)


[2006]

2005/10/4 R&A,USGA両者からすべてのゴルファーを対象にした2008年世界統一ルールに向けて、ソフトランディングするための暫定措置に関する発表がなされました。ここではじめて両者が管理する適合リストが登場します。この暫定ルールのポイントは2006/1/1~2007/12/31までの間、ルール適用対象をプロやトップアマのみとしている部分です。

■R&A
http://www.randa.org/index.cfm?cfid=8812912&cftoken=60335173&action=news.newsDetail&newsid=624&id=(現在リンク切れ)

this Condition was only used in professional events, but in recent years it has been used in top amateur events. From January 1, 2006 until December 31, 2007, the Condition will be revised to allow a committee to require driving clubs to have a head which is detailed on the List of Conforming Driver Heads. For most competitions and all recreational play, the use of this Condition is not recommended. 

■JGA
http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/image/051005.pdf

■USGA
http://www.usga.org/news/2005/October/USGA-Announces-Publication-Of-A-Conforming-Driver-List/
7.Any driver heads made after 1998 that has not been submitted to the USGA for evaluation must be submitted and determined to be conforming in order to be included on the list.


[2008]
2008/1/1からSLEルールが世界統一ルールとして全てのゴルファーを対象に適用されました。エリート、競技ゴルファー対象という条件がなくなり、2008/1/1からすべてのゴルファーが対象になります。"for all golfers of all ability" と明確に記載されています。

■R&A
http://www.randa.org/index.cfm?action=rules.equipment.drivingClubPolicy&cfid=1541649&cftok(現在リンク切れ)

From 1 January 2008, a Rule of Golf will be introduced limiting the 'spring-like' effect of driving clubs for all golfers of all ability. The introduction of this Rule was announced in August 2002 and it has been applied at the elite level, via a Condition of Competition, since 1 January 2003.



SLE(高反発)ルールの範囲

当初SLE(高反発)ルールはドライバーだけを対象に設けられていましたが、2006/2/1以降正式にパターを除く全てのクラブへと対象範囲が拡大されました。これは、当時実際に基準値を超えるクラブはドライバーしかなかったためとのことですが、その後メーカーの中にはドライバー以外のクラブでも高いスプリング効果を持つクラブをデザインする傾向が見られために、USGA(全米ゴルフ協会)/R&A( ロイヤル&エインシェントGC)は 2006年1月にメーカー宛にスプリング効果規則はドライバーだけではないことを明確にする文書を出しました。
すべてのロフトのクラブを含む特性時間の測定(PDF)


違反クラブが市場に出ていない段階で、各メーカーに対し警告を出している状況から、ルール統括団体であるR&A,USGAは、当然メーカーはスプリング効果の基準値を超えるFWやユーティリティーは開発していないと理解しているので、現時点においてドライバー同様の適合リストを作成する予定はないそうです。


ただし適合リストはありませんが、スプリング効果テストはドライバー同様行なっているので「ドライバー以外でも用具審査に提出して適合性を確保することもメーカーとして必要なことと思う・・特に基準値に近いスプリング効果の高いFWやユーティリティーを製造するのであれば、用具審査を利用して適合性を確認しておいたほうがよいと思う・・」とJGA(日本ゴルフ協会)担当者から指摘を受けました。


なお、ご存知の方もいらっしゃるかと思います が、高反発アイアンとして問題になったマグレガーゴルフジャパンのマックテックNV3アイアンにつきましては、極限られた例外的な措置であり、一般化されることはないだろうとのことでした。
マグレガーゴルフジャパン株式会社マックテックNV3アイアンについて


以下JGAリリースを基に、クラブ別のスプリング効果の適合テスト情報を表にまとめましたので参考にして下さい。

クラブのタイプ テスト方法 制限値 導入日
ドライビングクラブ(ドライバー) ペンデュラム 239μs(+許容誤差 18μs) 2008 年 1 月 1 日
フェアウエイウッド
ハイブリットクラブ
その他「アイアン」ではないもの
改造したペンデュラム 239μs(+許容誤差 18μs) 2006 年 2 月 1 日
伝統的なアイアン 改造したペンデュラム
(選別のため);キャノンテスト(必要であれば)
基準プレートより
0.008 高い数値
2006 年 2 月 1 日



>>冊子購入はこちら(JGAショップ¥500)
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード


  • ライブドアブログ